【DMMバヌーシー】キングスコールを血の理論で診断しました!(2023春版)

DMMバヌーシー

HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2022年産駒編) /




【DMMバヌーシー】キングスコールを血の理論で診断しました!(2023春版)



DMMバヌーシーのヤハギセレクト、2023年はこのウマだ…。





日高から飛び出したクラシック候補 漂う大物感から目が離せない



バヌーシー研究では、

✓ レインオンザデューンの2022

テシオ理論をベースにした

血の理論で、診断します。









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

キングスコール


性別:牡 予定厩舎:矢作芳人

総額 5200 万円 一口価格 26000 円【全2000 口】 


DMMバヌーシー公式チャンネル「高評価」ボタンと、チャンネル登録のほど宜しくお願いします






5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



5代血統表と、テシオ理論の”形”を分析します。

ドゥラメンテ産駒の牡馬です。

生年月日:2022年3月2日
ドゥラメンテ
( 2012 )
キングカメハメハ
( 2001 )
Kingmambo
( 1990 )
Mr. Prospector
( 1970 )
Raise a Native
Gold Digger
Miesque
( 1984 )
Nureyev
Pasadoble
マンファス
( 1991 )
ラストタイクーン
( 1983 )
トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird
( 1983 )
Blakeney
The Dancer
アドマイヤグルーヴ
( 2000 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
Mountain Flower
エアグルーヴ
( 1993 )
トニービン
( 1983 )
カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール
( 1980 )
ノーザンテースト
シャダイフェザー
レインオンザデューン
( 2014 )
Frankel
( 2008 )
Galileo
( 1998 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea
( 1989 )
Miswaki
Allegretta
Kind
( 2001 )
デインヒル
( 1986 )
Danzig
Razyana
Rainbow Lake
( 1990 )
Rainbow Quest
Rockfest
Hurry Home Hillary
( 1995 )
Deputed Testamony
( 1980 )
Traffic Cop
( 1969 )
Traffic Judge
Flight Bird
Proof Requested
( 1968 )
Prove It
Come On
Ten Cents a Turn
( 1990 )
Cozzene
( 1980 )
Caro
Ride the Trails
Rub al Khali
( 1986 )
Mr. Prospector
Arabian Dancer




隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

遺伝がTraffic Judgeですね?

母系の奥底にいる遺伝になります。

父と母系の配合から、適正予想としては中長距離がベストとみています。


【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父ドゥラメンテの活性値は、”1″

✓ 母系の最大活性値は、”6″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-5″世代目




隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、Traffic Judge
✓ Traffic Judge、欧州系、不明
✓ 主な重賞レースの勝利は、なし。参考にハイペリオン系




    血の理論から導いた適性


  • コース適性
    ダート
  • 距離適性
    短い
    長い
  • 成  長
    早め
    ゆっくり




競 走 馬 の 体 力 は?



そのウマが持っているベースの体力を”料”の遺伝といいます。
ドルメロ師匠の”基礎体力”が一般的になりましたので、基礎体力をチャートに示しました。(最大100%)

料の遺伝、標準値クリアですね。

母が活性値が7と優性期の産駒です。

体力がない母系ですが、本馬はこれ以上ないくらいの体力値になっています。


料的遺伝数値





競 走 馬 の 内 面 的 測 定



外観に現れない精神的な遺伝を”相”の遺伝といいます。
近親配合による弊害をチャートに示しました。(精神的危険:0.5以上)

インブリードの影響、どうでしょうか?

Mr. Prospectorのインブリードがあります。

ドゥラメンテが劣勢に突入期のためと、インブリードの影響はありません


父母の「両方が0.5P以上」あると危険!





ア ス リ ー ト と し て の 資 質



そのウマが持っている運動神経、反射神経などを”質”の遺伝といいます。
質を月のサイクルで示しチャートに示しました。(最大100%)

質については、どうでしょうか?

面白いタイミングの産駒です。

ただ、月のサイクル全体でみると、あともう少しかな。


質の遺伝は2023年度版で評価します





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論で本馬の分析を纏めてみます。

総合的にみて、どうでしょうか?

血の理論では、楽しみ充分な血統です。

DMMバヌーシのヤハギセレクト。ピンかパーっすね。




分析結果

血の理論:得点

60点以上で合格、50~59点は半々

60




血の理論のまとめ ✓ 遺伝の形:Traffic Judge
✓ 体力の料:標準値クリア
✓ 内面の相:インブリードの影響はなし
✓ 走力の質:もう少し


補足コメント

(1)血の理論(補足)


ヤハギセレクトのドゥラメンテ産駒、DMMバヌーシーの募集馬について、素晴らしい特徴をお伝えします。

まず、本馬の父はドゥラメンテです。こちらに関してはリトルモンスターの2022を参照ください。

母親は英国産。米国とフランスのレースに挑戦しましたが、12戦0勝という厳しい結果でした。ただし、母の父は驚異的な14戦14勝を記録し、種牡馬としてもイギリス・アイルランドのリーディングサイアーとなったフランケルです。

本馬の覚醒遺伝は、母系の底にいるTraffic Judgeという素晴らしい血統を引き継いでいます。配合面では、欧州色が強いTraffic Judgeにドゥラメンテを組み合わせることで、芝の2400mがベストになると考えられています。

馬体面では、前後の脚がスムーズで、柔らかみを感じる歩様ですが、まだ完成途上です。現時点では少し非力さを感じるかもしれませんが、今後しっかりと筋肉がついて、パワーを感じさせる馬体に成長するでしょう。現在は少し成長が遅れているかもしれませんが、それでも期待が持てる馬体になっています。

血の理論でみると、合格の評価です。料の遺伝は標準で、インブリードも影響していません。形はハイペリオン系で、歩様が非常によいです。ただし、月のサイクルが今一歩。女性期間の産駒と予測していますが、あまり良い時期の産駒ではありません。

未勝利戦を勝ち上がるには、馬体が完成してくる3歳の冬を視野に入れておく必要があると考えられます。

このように、多くの魅力を持つ馬であり、成長によってスピードに乗った走りに期待が高まります。
募集価格5,200 万円は、OP特別を勝利すれば達成できる金額です。

チャート図をみると、募集価格を回収できる可能性は、半々なレベルと考えています。

回収確率:半々の星2.5。





※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


一 覧 に 戻 る

HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2022年産駒編) /


タイトルとURLをコピーしました