【DMMバヌーシー】エンジェルマークを血の理論で診断しました!(2023春版)

DMMバヌーシー

HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2022年産駒編) /




【DMMバヌーシー】エンジェルマークを血の理論で診断しました!(2023春版)



7000万のステファニー、DMMバヌーシーで募集されました…。





ブリーダーズカップ勝ち馬の直仔が登場 身にまとう天賦の才からオーラが漂う



バヌーシー研究では、

✓ ステファニーズキトゥンの2022

テシオ理論をベースにした

血の理論で、診断します。









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

エンジェルマーク


性別:牝 予定厩舎:宮田敬介

総額 7000 万円 一口価格 35000 円【全2000 口】 


DMMバヌーシー公式チャンネル「高評価」ボタンと、チャンネル登録のほど宜しくお願いします






5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



5代血統表と、テシオ理論の”形”を分析します。

エピファネイア産駒の牝馬です。

生年月日:2022年3月21日
エピファネイア
( 2010 )
シンボリクリスエス
( 1999 )
Kris S.
( 1977 )
Roberto
( 1969 )
Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen
( 1965 )
Princequillo
Bridgework
Tee Kay
( 1991 )
Gold Meridian
( 1982 )
Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo
( 1982 )
Tri Jet
Hail Proudly
シーザリオ
( 2002 )
スペシャルウィーク
( 1995 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
Wishing Well
キャンペンガール
( 1987 )
マルゼンスキー
レディーシラオキ
キロフプリミエール
( 1990 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida
( 1975 )
Habitat
Principia
ステファニーズキトゥン
( 2009 )
Kitten’s Joy
( 2001 )
El Prado
( 1989 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
Fairy Bridge
Lady Capulet
( 1974 )
Sir Ivor
Cap and Bells
Kitten’s First
( 1991 )
Lear Fan
( 1981 )
Roberto
Wac
That’s My Hon
( 1983 )
L’Enjoleur
One Lane
Unfold the Rose
( 2004 )
Catienus
( 1994 )
Storm Cat
( 1983 )
Storm Bird
Terlingua
ダイアモンドシティ
( 1988 )
Mr. Prospector
Honey’s Flag
Bail Out Becky
( 1992 )
Red Ransom
( 1987 )
Roberto
アラビアII
Becky Be Good
( 1981 )
Naskra
Good Landing




隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

遺伝がLady Capuletですね?

はい。母系です。

父と母系の配合から、適正予想としては中距離がベストとみています。


【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父エピファネイアの活性値は、”3″

✓ 母系の最大活性値は、”7″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-4″世代目




隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、Lady Capulet
✓ Lady Capulet、欧州英系、3戦1勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、愛1000ギニー




    血の理論から導いた適性


  • コース適性
    ダート
  • 距離適性
    短い
    長い
  • 成  長
    早め
    ゆっくり




競 走 馬 の 体 力 は?



そのウマが持っているベースの体力を”料”の遺伝といいます。
ドルメロ師匠の”基礎体力”が一般的になりましたので、基礎体力をチャートに示しました。(最大100%)

料の遺伝、体力値は低いですね。

母ステファニーズキトゥン、活性値が4と中性期の産駒です。

ただ、母系は全体的に体力値が低いです。


料的遺伝数値





競 走 馬 の 内 面 的 測 定



外観に現れない精神的な遺伝を”相”の遺伝といいます。
近親配合による弊害をチャートに示しました。(精神的危険:0.5以上)

インブリードの影響、どうでしょうか?

Roberto、Sadler’s Wellsのインブリードがあります。

インブリード指数は少し影響があります、気性面に問題がないか確認要です。


父母の「両方が0.5P以上」あると危険!





ア ス リ ー ト と し て の 資 質



そのウマが持っている運動神経、反射神経などを”質”の遺伝といいます。
質を月のサイクルで示しチャートに示しました。(最大100%)

質については、どうでしょうか?

よくないタイミングの産駒です。

月のサイクルでみると、厳しいとみています。


質の遺伝は2023年度版で評価します





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論で本馬の分析を纏めてみます。

総合的にみて、どうでしょうか?

血の理論だと、ややもの足りなさがあります。

期待の大きい父母です、大物が出ても不思議ではありません。




分析結果

血の理論:得点

60点以上で合格、50~59点は半々

5




血の理論のまとめ ✓ 遺伝の形:Lady Capulet
✓ 体力の料:体力値は低い
✓ 内面の相:気性面に問題がないか確認要
✓ 走力の質:厳しい


補足コメント

(1)血の理論(補足)


母ステファニーズキトゥン、父エピファネイアの血脈を引く牝馬です。

へっぽこ血の理論で、特徴を説明します。

本馬の父エピファネイアは、12戦6勝、海外:2戦0勝。JRA賞年度代表馬シンボリクリスエスとオークス馬シーザリオとの間に生まれた良血馬です。
競走馬として2013年の第74回菊花賞を5馬身差、2014年の第34回ジャパンカップを4馬身差で勝利しました。また、ジャパンカップで獲得したワールドベストレースホースランキング(WBRR)のレーティング129ポンドは、日本国内の芝2400メートルにおける史上最高値となっています。

一方、母のステファニーズキトゥンは、25戦11勝の実績を持ちます。
2歳時にはアルシバイアディーズステークスでGI初制覇。その後も6歳まで芝路線で息の長い活躍を続けました。4歳時にはジャストアゲームステークスを制し、5歳時と6歳時にはフラワーボウルステークスを連覇しました。そして、ラストランとなったブリーダーズカップ・フィリー&メアターフでも勝利し、GI勝利数を5と伸ばしています。

最大の特徴は、父エピファネイアの劣勢期性産駒です。
よって、本馬の隔世遺伝は、母系の4代目にいるLady Capuletとなります。

配合面をみると、Lady Capuletという米国系が強い隔世遺伝に、エピファネイアを配合することで、2歳の活躍が期待できる、芝の中距離をこなせる配合の牝馬となっています。

馬体の印象として、幼さを残している未完成な馬体。ただ、ふっくらとしいて前躯に力強さがあります。馬体の成長に伴ってどのように変化してくるのか楽しみです。皮膚は薄くて柔らかそう。理想的な大きさを持っています。
背中と腹が長い骨格をしているので、持続力タイプにみえます。

料の遺伝は、標準値以下、健康面には要注意です。
また、質の遺伝についても、月のサイクルはあっておらず中性期間に種付けされた産駒です。よって、血の理論を低評価にしています。

未勝利戦を勝ち上がるには、芝の中距離を視野にレースマネージメントをすると考えられます。
このように魅力ありつつも、欠点も多い牝馬です。ただ、名牝の母と同様に大活躍にも期待は高い逸材でもあります。

募集価格7,000 万円は、G2の重賞を勝利すれば達成できる金額です。

チャート図をみると、募集価格を回収できる可能性は、かなり厳しいレベルと考えています。

回収確率:残念な星0.5。





※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


一 覧 に 戻 る

HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2022年産駒編) /


タイトルとURLをコピーしました