【どうした!】エフフォーリア、折れたこころの、処世術はないのか?


HOME / お知らせ /




【どうした!】エフフォーリア、折れたこころの、処世術はないのか?



ガンダム、めぐりあい宇宙を見ながら…。







2023/02/12(日)京都記念

2021年の年度代表馬、エフフォーリアが、京都記念(G2)に出走しました。


レース結果は、ビリ。
ゴール後に、突如レースをやめ、横山武史騎手が下馬をしています。診断結果は『心房細動』。ようは脈が不規則になる病気になったんですね。



気になったのは、エフフォーリアの馬体、テレビでパドックをみていると、3歳のときの、あの活力的な馬体からはほど遠い印象でした。



昨年は、年度代表馬でありながら惨敗ばかり。こころが折れたのだろうか。どうしたんだろうか?




ヒトは、目にはいった印象で判断しがちです。
”見た”という情報が相手に伝わり、判断する材料になるのですね。


メラビアンの法則。
簡単にまとめると、ヒトが他人を判断する最大の要因は、『見た目』が影響を与えるのです。



エフフォーリア、馬体がイマイチに見えたことから、こころが病んでいると思ってしまった。
いかん、いかん。
メラビアンの法則、非言語コミュニケーションによる、正確さをうしなっていたのです。
ウマは話せないからね。


そして、わたしも、不整脈で心臓がバグバクしてきた。。。


今日は、運がなかっただけだったのですね。心配しました。


次走は、どうする?引退か?
わたしは、再度、ドウデュースと競争してほしいです。



※あくまでも、個人的な感想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。


一 覧 に 戻 る

HOME / お知らせ /