【DMMバヌーシー】シュリットの知っておきたい血統のヒミツ!(2022新評価)


HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2021年募集馬編) /




【DMMバヌーシー】シュリットの知っておきたい血統のヒミツ!(2022新評価)



DMMバヌーシー 2022年の最新評価です…。





話題を呼んだあの馬の弟がサプライズ加入



バヌーシー研究では、

✓ シュリット

募集価格以上のパフォーマンスがあるか

血の理論で、診断します。









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

プレミアステップスの2020


性別:牡 予定厩舎:辻哲英

総額 3800 万円 一口価格 19000 円【全2000 口】 






5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



5代血統表と、テシオ理論の”形”を分析します。

ダイワメジャー産駒の牡馬です。

生年月日:2020年4月4日
ダイワメジャー
( 2001 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
( 1958 )
Turn-to
Nothirdchance
Cosmah
( 1953 )
Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
( 1963 )
Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower
( 1964 )
Montparnasse
Edelweiss
スカーレットブーケ
( 1988 )
ノーザンテースト
( 1971 )
Northern Dancer
( 1961 )
Nearctic
Natalma
Lady Victoria
( 1962 )
Victoria Park
Lady Angela
スカーレットインク
( 1971 )
Crimson Satan
( 1959 )
Spy Song
Papila
Consentida
( 1962 )
Beau Max
La Menina
プレミアステップス
( 2010 )
Footstepsinthesand
( 2002 )
Giant’s Causeway
( 1997 )
Storm Cat
( 1983 )
Storm Bird
Terlingua
Mariah’s Storm
( 1991 )
Rahy
イメンス
Glatisant
( 1991 )
Rainbow Quest
( 1981 )
Blushing Groom
I Will Follow
Dancing Rocks
( 1979 )
Green Dancer
Croda Rossa
Primissima
( 2001 )
Second Set
( 1988 )
Alzao
( 1980 )
Lyphard
Lady Rebecca
Merriment
( 1975 )
ゴーマーチング
Tiddlywinks
Princess Taufan
( 1987 )
Taufan
( 1977 )
Stop the Music
Stolen Date
Guindilla
( 1981 )
アーテイアス
Gayshuka




隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

遺伝がGreen Dancerですね?

はい。ノーザンダンサー系です。

父ダイワメジャーの活性値が低く、母系の古い形を引き出しています。芝のマイルがベストでしょう。


【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父ダイワメジャーの活性値は、”2″

✓ 母系の最大活性値は、”7″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-5″世代目




隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、Green Dancer
✓ Green Dancer、欧州系、8戦4勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、仏2000ギニー、リュパン賞など




    血の理論から導いた適性


  • コース適性
    ダート
  • 距離適性
    短い
    長い
  • 成  長
    早め
    ゆっくり




競 走 馬 の 体 力 は?



そのウマが持っているベースの体力を”料”の遺伝といいます。
ドルメロ師匠の”基礎体力”が一般的になりましたので、基礎体力をチャートに示しました。(最大100%)

料の遺伝、体力は充分ありですね。

母プレミアステップス、活性値が1と、活性値は最も低いときの産駒です。

ただ、母系全体をトータルすると、体力は問題ありません。


料的遺伝数値





競 走 馬 の 内 面 的 測 定



外観に現れない精神的な遺伝を”相”の遺伝といいます。
近親配合による弊害をチャートに示しました。(精神的危険:0.5以上)

インブリードの影響、どうでしょうか?

5代目までに生じたインブリードがありません。

頭のよい、正常なウマでしょう。


父母の「両方が0.5P以上」あると危険!





ア ス リ ー ト と し て の 資 質



そのウマが持っている運動神経、反射神経などを”質”の遺伝といいます。
質を月のサイクルで示しチャートに示しました。(最大100%)

質については、どうでしょうか?

面白いタイミングの産駒です。種付け時期はイマイチです。

月のサイクルは、▲とします。


月のサイクルは「シン、質の遺伝」で評価します





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論で本馬の分析を纏めてみます。

総合的にみて、どうでしょうか?

これは、完璧な配合でした。

料、相、質、すべて問題ありません。狙うは安田記念です。




分析結果



秘密兵器:「血の理論」の得点
100




テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:Green Dancer
✓ 体力の料:体力は充分あり
✓ 内面の相:インブリードの影響はなし
✓ 素質の質:面白いタイミングの産駒、種付け時期はあと一歩
✓ 血の理論:100点


補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


血統分析を、ピックアップします。

”形”は、Green Dancerから、隔世遺伝を受けています。
父との配合から、1400~1600mで強さを発揮する、と考えています。

”料”の遺伝は、体力は充分ありです。
ただ、強靭な体力をもっているわけではないので、レースの使い詰めだと、結果は残せないでしょう。

”相”の遺伝は、インブリードはありません。

父系種族構成は
Pサンデー系 / ストームキャット系 / リファール系 / ターントゥ系 /

母系が、すべてネアルコ系です。
統領性が薄く、ボス性が強いウマがいると、競り負けるでしょう。

血の理論は、100点。

募集価格3,800 万円は、3勝クラスを勝利すれば達成できる金額です。

チャート図をみると、募集価格を回収できる可能性は、ほぼ確実なレベルと考えています。

回収確率:星5つ。



(2)ワクワク度(一口馬主の楽しみ)


「血を育くむのは人」
ダビスタ時代からの恩師である、亀谷氏の格言です。

血の理論が、どんなに高い数値ても、
調教師や生産牧場の味付けによって、ウマの個性が変わるという格言です。


辻哲英 調教師
千葉県佐倉市 出身
北里大学 卒業
ホワイトシルバーの地をピンクの襟元が、厩舎服になっています。

シュリットに対する、調教師からのコメント
「中長距離を目指す育成」


1400~1600mがベストと考えている、血の理論。
シュリット
の血を育くめるのか、不安になっています。


クラシック制覇
この思いは、戸田博文厩舎の助手として経験を積んだのもが、大きかったと思います。

満開の桜をイメージする調教服とともに、出走するレース選択も花見気分で見守りたいです。

ワクワク度:星3つ。



※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


一 覧 に 戻 る

HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2021年募集馬編) /