【ノルマンディーOC】ディナースタの血統を、簡単に診断します!


HOME / 【ノルマンディーオーナーズクラブ】血統研究一覧 /


【ノルマンディーOC】ディナースタの血統を、簡単に診断します!





ストライドの大きいダイナミックなキャンターをしており、再来年のクラシックを意識?


バヌーシー研究では、

テシオ理論をベースにした

血の理論で、診断します。









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

ラヴァリーノ


性別:牡 厩舎:辻野泰之

総額 2200 万円 一口価格 55000 円【全400 口】 






5 代 血 統 表



5代血統表と、テシオ理論の”形”を分析します。

生年月日:2019年4月17日
ドゥラメンテ
( 2012 )
キングカメハメハ
( 2001 )
Kingmambo
( 1990 )
Mr. Prospector
( 1970 )
Raise a Native
Gold Digger
Miesque
( 1984 )
Nureyev
Pasadoble
マンファス
( 1991 )
ラストタイクーン
( 1983 )
トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird
( 1983 )
Blakeney
The Dancer
アドマイヤグルーヴ
( 2000 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
Mountain Flower
エアグルーヴ
( 1993 )
トニービン
( 1983 )
カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール
( 1980 )
ノーザンテースト
シャダイフェザー
ラヴァリーノ
( 2004 )
Unbridled’s Song
( 1993 )
Unbridled
( 1987 )
Fappiano
( 1977 )
Mr. Prospector
Killaloe
Gana Facil
( 1981 )
Le Fabuleux
Charedi
Trolley Song
( 1983 )
Caro
( 1967 )
フォルティノ
Chambord
Lucky Spell
( 1971 )
Lucky Mel
Incantation
Sous Entendu
( 1987 )
Shadeed
( 1982 )
Nijinsky
( 1967 )
Northern Dancer
Flaming Page
Continual
( 1976 )
Damascus
Continuation
It’s in the Air
( 1976 )
Mr. Prospector
( 1970 )
Raise a Native
Gold Digger
A Wind Is Rising
( 1969 )
Francis S.
Queen Nasra




隔 世 遺 伝 か ら の 適 正 予 想



被遺伝世代深度の計算をします。

【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父ドゥラメンテの活性値は、”6″

✓ 母系の最大活性値は、”5″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”1″世代目




被遺伝世代深度から、遺伝した形(隔世遺伝)を求めます。


隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、ドゥラメンテ
✓ ドゥラメンテ、堀宣行厩舎、8戦5勝(海外:1戦0勝)
✓ 主な重賞レースの勝利は、皐月賞、日本ダービー




  • コース適性
    ダート
  • 距離適性
    短い
    長い
  • 成  長
    早め
    ゆっくり




太 陽 と 月 の サ イ ク ル 評 価



“料”、”相”、”質”を纏めてみます。
ここは簡略式で、チャート図に纏めます。(最大5P)

分析結果



「血の理論」の得点
50





ポ イ ン ト ま と め



本馬の血の理論を纏めます。

ドゥラメンテ産駒ですね。本馬はどうでしょうか?

ミスプロ系で固められた配合ですね。

半兄、ジャックドールより料の遺伝が高いです。ハードトレーニングで鍛えれるでしょう。



テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:ドゥラメンテ
✓ 体力の料:文句なしの体力があり
✓ 内面の相:インブリードの影響に注意
✓ 素質の質:×
✓ 血の理論:50点(100点中)


補足コメント

(1)雑談


血統分析から、雑談になります。

まず、形がドゥラメンテ。

札幌芝2600mの1~3着馬をみると、ドゥラメンテの独擅場です。
(2022/08/21時点)

この形は札幌の馬場があっているのでしょう。
要チェックです。

母ラヴァリーノ、米国で2勝をしていますが、距離適性が不明です。
万能的な、C:T型と考えています。

父系種族構成は
キングマンボ系 / ミスプロ系 / ニジンスキー系 / ミスプロ系
B / B / A / B
2種父系です。
逃げるか、後ろからいくか、どちらかがよい配合です。

ダートも可能な配合のため、芝で頭打ちなら
ダートでも試して欲しいです。





※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


一 覧 に 戻 る

HOME / 【ノルマンディーOC】募集馬評価一覧(2021年産) /