【ノルマンディーOC】メルジェリーナの2020を、シン・ヒョウカで解説します!


HOME / 【ノルマンディーOC】優先血統一覧(2021年募集) /


【ノルマンディーOC】メルジェリーナの2020を、シン・ヒョウカで解説します!





ノルマンディーオーナーズクラブ、2020年度産 3次募集



バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ メルジェリーナの2020の血統分析

✓ ノルマンディーOCの2020年度産、3次募集の確認


についてお話していきます。

ドゥラメンテ産駒の研究ネタになれば幸いです!









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

メルジェリーナの2020

メルジェリーナの2020

 募集額(1口価格):1,400 万円 ( 35,000 円 / 400口 )


まだ、成長途上の馬体で、筋肉に物足りなさありドゥラメンテ産駒、馬体が完成するのに時間がかかりますね。


募集No.53_メルジェリーナの20(父:ドゥラメンテ)




5 代 血 統 表



5代血統表と、テシオ理論で”形”を分析します。

岡田系×ドゥラメンテといれば、菊花賞。

メルジェリーナの2020:2020/2/25
ドゥラメンテ
( 2012 )
キングカメハメハ
( 2001 )
Kingmambo
( 1990 )
Mr. Prospector
( 1970 )
Raise a Native
Gold Digger
Miesque
( 1984 )
Nureyev
Pasadoble
マンファス
( 1991 )
ラストタイクーン
( 1983 )
トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird
( 1983 )
Blakeney
The Dancer
アドマイヤグルーヴ
( 2000 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
Mountain Flower
エアグルーヴ
( 1993 )
トニービン
( 1983 )
カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール
( 1980 )
ノーザンテースト
シャダイフェザー
メルジェリーナ
( 2015 )
ハービンジャー
( 2006 )
Dansili
( 1996 )
デインヒル
( 1986 )
Danzig
Razyana
Hasili
( 1991 )
Kahyasi
Kerali
Penang Pearl
( 1996 )
Bering
( 1983 )
Arctic Tern
Beaune
Guapa
( 1988 )
Shareef Dancer
Sauceboat
ルミナスハーバー
( 2004 )
アグネスタキオン
( 1998 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
Wishing Well
アグネスフローラ
( 1987 )
ロイヤルスキー
アグネスレディー
タックスヘイブン
( 1991 )
Alydar
( 1975 )
Raise a Native
Sweet Tooth
タックスペイヤーズフォリー
( 1984 )
Lt. Stevens
Party’s On Me


【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父ドゥラメンテの活性値は、”7″

✓ 母系の最大活性値は、”7″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”1″世代目



隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、ドゥラメンテ
✓ ドゥラメンテ、堀宣行厩舎、8戦5勝(海外:1戦0勝)
✓ 主な重賞レースの勝利は、皐月賞、日本ダービー





隔 世 遺 伝 か ら の 適 正 予 想



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

ドゥラメンテ、人気急上昇中ですね!

岡田系が、菊花賞、天皇賞春を制しています。

ドゥラメンテがみせた、皐月賞での爆発力。本馬に期待したいですね。




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:芝
✓ 距離適性:2000~2200m
✓ 成長:標準





太 陽 と 月 の サ イ ク ル 評 価



これまでの”料”、”相”、”質”を纏めてみます。
ここは簡略式で、チャート図に纏めます。(最大5P)

血の安全性が厳しいです。

質の不明点もあれば、相もイマイチです。

長距離系なら、スピードは不要でしょう。あとは、未勝利戦が終わるまでに、仕上がるかですね。



分析結果





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:ドゥラメンテ
✓ 基礎体力:標準値クリア
✓ 血の奇形:インブリード注意
✓ スピード:×
✓ 秘密兵器:20点(100点中)




募集価格1,400 万円
一口価格35,000 円
性別
厩舎予定伊坂重信

補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


血統を、まとめていきます。

“形”は、ドゥラメンテからの、隔世遺伝を受けています。
母系との配合から、2000m以上がベスト、と考えています。

“料”的遺伝数値は、標準値はクリア。
ただ、強靭な体力をもっているわけではありません。ノルマンお得意の、間隔を詰めたレースだと、厳しい結果になるでしょう。

“相”的には、サンデーサイレンス、インブリードが濃いです。
ケイン・コスギ!


“質”的遺伝、びみょーですね。

秘密兵器は、20点。厳しいかも?

募集価格1,400 万円は、1勝クラスを勝利すれば、達成できる金額です。


チャート図をみると、募集価格を回収できる可能性は、厳しいと考えています。

回収確率:星2つ。






※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。



HOME / 【ノルマンディーOC】優先血統一覧(2021年募集) /