【ノルマンディーOC】ヴイプラドの2020を、シン・ヒョウカで解説します!


HOME / 【ノルマンディーOC】優先血統一覧(2021年募集) /


【ノルマンディーOC】ヴイプラドの2020を、シン・ヒョウカで解説します!





ノルマンディーオーナーズクラブ、2020年度産 3次募集



バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ ヴイプラドの2020の血統分析

✓ ノルマンディーOCの2020年度産、3次募集の確認


についてお話していきます。

ダノンバラード産駒の研究ネタになれば幸いです!









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

ヴイプラドの2020

ヴイプラドの2020

 募集額(1口価格):840 万円 ( 21,000 円 / 400口 )


背中が短い馬体。トモが薄い感じがしますが、これから乗り込んでいけば変わってくるでしょうね。


募集No.47_ヴイプラドの20(父:ダノンバラード)




5 代 血 統 表



5代血統表と、テシオ理論で”形”を分析します。

ダノンバラードとの配合は、どうでしょうか?

ヴイプラドの2020:2020/4/13
ダノンバラード
( 2008 )
ディープインパクト
( 2002 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア
( 1991 )
Alzao
( 1980 )
Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere
( 1977 )
Busted
Highclere
レディバラード
( 1997 )
Unbridled
( 1987 )
Fappiano
( 1977 )
Mr. Prospector
Killaloe
Gana Facil
( 1981 )
Le Fabuleux
Charedi
Angelic Song
( 1988 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Ballade
( 1972 )
Herbager
Miss Swapsco
ヴイプラド
( 2001 )
El Prado
( 1989 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
( 1961 )
Nearctic
Natalma
Fairy Bridge
( 1975 )
Bold Reason
Special
Lady Capulet
( 1974 )
Sir Ivor
( 1965 )
Sir Gaylord
Attica
Cap and Bells
( 1958 )
Tom Fool
Ghazni
グレースフルマナー
( 1994 )
Cure the Blues
( 1978 )
Stop the Music
( 1970 )
Hail to Reason
Bebopper
Quick Cure
( 1971 )
Dr. Fager
Speedwell
Stiff Breeze
( 1971 )
Never Bend
( 1960 )
Nasrullah
Lalun
Breeze-a-Lea
( 1959 )
Bull Lea
Whirl Right


【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父ダノンバラードの活性値は、”3″

✓ 母系の最大活性値は、”7″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-4″世代目



隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、Stop the Music
✓ Stop the Music、米国系、30戦11勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、ドゥワイアH





隔 世 遺 伝 か ら の 適 正 予 想



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

70年の米国系ですね?

古い血ですね。

Hail to Reasonの直子です、日本の馬場もあうでしょう。期待しますよね。




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:芝・ダート兼用
✓ 距離適性:2000m前後
✓ 成長:標準





太 陽 と 月 の サ イ ク ル 評 価



これまでの”料”、”相”、”質”を纏めてみます。
ここは簡略式で、チャート図に纏めます。(最大5P)

合格ラインですね!

よいグラフの形をしています。

あとは馬体です。今の段階だと、未勝利戦が終わるまでに、仕上がるかですね。





分析結果





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:Stop the Music
✓ 基礎体力:標準値クリア
✓ 血の奇形:ギリセーフ
✓ スピード:▲
✓ 秘密兵器:5点(100点中)




募集価格840 万円
一口価格21,000 円
性別
厩舎予定加藤和宏

補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


母似で、優先となるのはヘイルトゥリーズンの直子、Stop the Music。
基本は、ダートの中距離がベースになります。

そこに、ダノンバラードを種付けています。

ダノンバラード産駒は、ロードブレスのように、ダートをこなす産駒もいます。
父と適性と同様、芝で勝利をおさめている、産駒が多いです。
本馬は、芝・ダートの兼用となる配合とみてよいでしょう。

”相”の遺伝、Hail to Reasonのインブリードは、ギリセーフにしました。
歩様動画をみて、精神的な気性が出ていないか、チェックしてください。

父系種族構成は
A* / A / A / A = 1.0
コンプレックスが高い、とみています。

ボス性の強い競走馬がいると、勝ちきれず、2・3着が続く可能性があります。

秘密兵器は、5点。
配合面で、気になる箇所がありました。辛口評価にします。

募集価格840 万円は、未勝利戦を勝利すれば達成できる金額です。
チャート図をみると、募集価格を回収できる可能性は、半々と考えています。

回収確率:星2.5。





※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。



HOME / 【ノルマンディーOC】優先血統一覧(2021年募集) /