【インゼルTC】コンシダレイトの2020を、血統から超簡単に解説します!


一口クラブ募集馬(2021年産)徹底研究へ / 【インゼルサラブレットC】優先血統一覧(2021年募集) /




【インゼルTC】コンシダレイトの2020を、血統から超簡単に解説します!




叔母は凱旋門賞連覇の名牝エネイブル、欧州のガッツを



バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ コンシダレイトの2020の血統分析

✓ テシオ理論を、さらに向上するための研究



についてお話していきます。

Nathaniel産駒の研究ネタになれば幸いです!









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

コンシダレイトの2020

コンシダレイトの2020

 募集額(1口価格):4,000 万円 ( 80,000 円 / 2000口 )


「小腸閉塞による疝痛(腹痛)を発症」インゼルから募集停止。再募集はどうなんだろうか…。


No.19 ○外コンシダレイトの20(父:Nathaniel)
【インゼルTC公式チャンネル】  「高評価」ボタンと、チャンネル登録のほど宜しくお願いします




5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



いよいよ、テシオ理論で血統分析をしてみます。
『太陽のサイクル』という自然のリズムから計算によって、遺伝された祖先がわかるという手法になります。
種牡馬の受胎が行われたときの生殖細胞から、活性値がわかります。
活性値の差で、奥の祖先(形)が引っ張り出されます。

Nathaniel、JRAの馬場で爆発するかな?

コンシダレイトの2020:2020/2/19
Nathaniel
( 2008 )
Galileo
( 1998 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
( 1961 )
Nearctic
Natalma
Fairy Bridge
( 1975 )
Bold Reason
Special
アーバンシー
( 1989 )
Miswaki
( 1978 )
Mr. Prospector
Hopespringseternal
Allegretta
( 1978 )
Lombard
Anatevka
Magnificient Style
( 1993 )
Silver Hawk
( 1979 )
Roberto
( 1969 )
Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse
( 1966 )
Amerigo
Matchiche
Mia Karina
( 1983 )
Icecapade
( 1969 )
Nearctic
Shenanigans
Basin
( 1972 )
Tom Rolfe
Delta
コンシダレイト
( 2010 )
Dansili
( 1996 )
デインヒル
( 1986 )
Danzig
( 1977 )
Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana
( 1981 )
His Majesty
Spring Adieu
Hasili
( 1991 )
Kahyasi
( 1985 )
イルドブルボン
Kadissya
Kerali
( 1984 )
High Line
Sookera
Concentric
( 2004 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
( 1961 )
Nearctic
Natalma
Fairy Bridge
( 1975 )
Bold Reason
Special
Apogee
( 1990 )
Shirley Heights
( 1975 )
Mill Reef
Hardiemma
Bourbon Girl
( 1984 )
イルドブルボン
Fleet Girl

【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父Nathanielの活性値は、”3″

✓ 母系の最大活性値は、”6″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-3″世代目


隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、Sadler’s Wells
✓ Sadler’s Wells、欧州系、11戦6勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、愛2000ギニー、エクリプスSなど





隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

サドラーズウェルズが遺伝ですか?

世界のサドラーズウェルズです。

欧州の馬場なら、最強の血統です。オペラハウスのようになればいいですね。




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:芝
✓ 距離適性:2000~2200m
✓ 成長:標準





競走馬としての重要な基礎体力は?



そのウマが持っているベースの体力を”料”の遺伝といいます。
母系から遺伝される式でチャートに示しました。(最大100%)

基礎体力は、標準値をクリア!





近親配合による内面的な相の遺伝



外観に現れない精神的な遺伝を”相”の遺伝といいます。
近親配合による弊害をチャートに示しました。(精神的危険:0.5以上)

うまい!ただ、Nearcticだけインブリードが濃い。

父母の「両方が0.5P以上」あると危険!





質の遺伝を最高潮にする月のサイクル



そのウマが持っている運動神経、反射神経などを”質”の遺伝といいます。
質を月のサイクルで示しチャートに示しました。(最大100%)

仮の数値です。それでもいいかも?。

月のサイクルでも「中島方式」とします





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論で本馬の分析を纏めてみます。

テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:Sadler’s Wells
✓ 基礎体力:標準値クリア
✓ 血の奇形:インブリード危険
✓ スピード:○?




募集価格4,000 万円
一口価格80,000 円
性別
厩舎予定友道康夫

補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


募集時の写真をみると、雄大な骨格、四肢もスラっと見せています。
今後、前躯や後躯に、豊富な筋肉をつけてほしいです。

歩行動画をみると、頭の高い歩様、肉質は柔らかみがあり、しなやさです。
さばきも硬くないです。背中は短くみえますが、腹が長く映りました。


血統面で補足します。
バリバリの欧州血統、サドラーズウェルズ血統です。

同じサドラー系、重馬場でオペラハウスがいました。
馬場が渋れば、産駒はかならず激走をしています。悪天候で確実な成績を収めれば、面白いでしょう。

募集価格4000万円は、3勝馬クラスを勝利すれば達成できる金額です。

テシオ理論の表をみると、バランスはよし。

あとは、ニアークティックのインブリード、これがどうでるかだけです。
総合的にみると、元本回収ができる可能性は、半々としておきます。



(2)ワクワク度(一口馬主の楽しみ)

まず、友道厩舎は絶妙です。
大所帯のため、注目されていれば、入厩とレースがスムーズになります。

また、悪天候で取りこぼしが少ないか、それもあります。
大先輩テイエムオペラオーが、お手本です。
悪天候で確実に1着になると、億は稼げるでしょう。

そのためには、今後の成長がカギです。

ワクワク度、星3つ。



※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。



一口クラブ募集馬(2021年産)徹底研究へ / 【インゼルTC】募集馬評価一覧(2021年産)へ /