【ターファイトC】マンテラライの2021を、血統から超簡単に解説します!


HOME / 【ターファイトクラブ】募集馬一覧(2021年産) /


【ターファイトC】マンテラライの2021を、血統から超簡単に解説します!





芝、ダートを問わずに小気味の良いスピードを披露する



バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ マンテラライの2021の血統分析

✓ テシオ理論を、さらに向上するための研究


についてお話していきます。

もう一頭のインカンテーション産駒、研究しましょう!









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

マンテラライの2021

マンテラライの2021

 募集額(1口価格):1,000 万円 ( 10,000 円/ 1000口 )


男勝りと何度も言われていない?


Evolve3(牝当歳 インカンテーションx*マンテラライ)募集DVD動画<立ち/歩様/生産者インタビュー/放牧風景>
【ターファイトクラブ公式チャンネル】 「高評価」ボタンと「チャンネル登録」をお願いします




5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



いよいよ、テシオ理論で血統分析をしてみます。
『太陽のサイクル』という自然のリズムから計算によって、遺伝された祖先がわかるという手法になります。
種牡馬の受胎が行われたときの生殖細胞から、活性値がわかります。
活性値の差で、奥の祖先(形)が引っ張り出されます。

インカンテーションは劣勢期、母系の5代目から遺伝。

マンテラライの2021:2021/3/14
インカンテーション
( 2010 )
シニスターミニスター
( 2003 )
Old Trieste
( 1995 )
A.P. Indy
( 1989 )
Seattle Slew
Weekend Surprise
Lovlier Linda
( 1980 )
Vigors
Linda Summers
Sweet Minister
( 1997 )
The Prime Minister
( 1987 )
Deputy Minister
Stick to Beauty
Sweet Blue
( 1985 )
Hurry Up Blue
Sugar Gold
オリジナルスピン
( 1997 )
Machiavellian
( 1987 )
Mr. Prospector
( 1970 )
Raise a Native
Gold Digger
Coup de Folie
( 1982 )
Halo
Raise the Standard
Not Before Time
( 1991 )
Polish Precedent
( 1986 )
Danzig
Past Example
Time Charter
( 1979 )
Saritamer
Centrocon
マンテラライ
( 2012 )
Catcher In The Rye
( 2000 )
デインヒル
( 1986 )
Danzig
( 1977 )
Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana
( 1981 )
His Majesty
Spring Adieu
Truly A Dream
( 1991 )
Darshaan
( 1981 )
Shirley Heights
Delsy
Truly Special
( 1985 )
Caerleon
Arctique Royale
Stormy Mailgirl
( 2004 )
Bernstein
( 1997 )
Storm Cat
( 1983 )
Storm Bird
Terlingua
La Affirmed
( 1983 )
Affirmed
La Mesa
Maille
( 1985 )
Mountdrago
( 1977 )
Sheet Anchor
Atbara
Infidencia
( 1970 )
Mizzenmast
India Diana

【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父インカンテーションの活性値は、”2″

✓ 母系の最大活性値は、”7″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-5″世代目


隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、Sheet Anchor
✓ Sheet Anchor、米国系、105戦17勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、なし。ギャラントフォックスH3着(2600m)





隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

Sheet Anchor、100戦ですか?

タフですね。この血は遺伝されているでしょう。

ヘドロ系一族、中長距離で活躍していました。本馬も距離がほしいところ。




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:ややダートより
✓ 距離適性:2000~2200m
✓ 成長:標準





太 陽 と 月 の サ イ ク ル 評 価



これまでの”料”、”相”、”質”を纏めてみます。
ここは簡略式で、チャート図に纏めます。(最大5P)

すべて標準値以上です。







ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の血:Sheet Anchor
✓ 基礎体力:文句なしの体力
✓ 血の奇形:影響なし
✓ スピード:▲(中島式)



募集価格1,000 万円
一口価格10,000 円
性別
厩舎予定新谷功一

補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


募集時の写真をみると、前後躯はすでにいい感じで肉がついています。
さらに、実が入ってほしいですね。

歩行動画をみると、パワフルな歩きなところも見えています。
ただ、ウォーキングのスピードが遅いです。
運動神経の良し悪しは、今後もチェックが必要です。

募集価格1000万円は、未勝利クラスを勝利すれば達成できる金額です。

テシオ理論の表をみると、すべてクリアしています。
総合的にみると、元本回収ができる可能性は、高いでしょう。



(2)ワクワク度(一口馬主の楽しみ)

配合としては、すごく難しい遺伝の血です。

ダート戦に使われると思います。
どの距離を使ってくるかは、注目しておきましょう。

厩舎として、育成と調教、力の見せ所です。

体力が充分です、ビシバシ鍛えたいところですね。
あと、厩舎力によっては、さらに上に行けるでしょう。

ワクワク度Max!星3つ。


※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。



HOME / 【ターファイトクラブ】募集馬一覧(2021年産) /