【YGGOC】ドライスタウトを、血統から超簡単に解説します!


/ 一口クラブ募集馬、徹底研究へ / 【YGGオーナーズクラブ】血統研究一覧へ /


【YGGOC】ドライスタウトを、血統から超簡単に解説します!





重厚で力強い、今にも天に向かって立ち上がりそう



YGGオーナーズクラブで、回収率300%を超えるウマに申し込む方法とは?


バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ ドライスタウトの血統分析

✓ YGGオーナーズクラブで、回収率が100%を超える血統の研究


についてお話していきます。



募集馬による収益化に取り組んでいる方にとって

研究ネタになれば幸いです!



めざせ!目標獲得賞金









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

マストバイアイテムの2019


性別:牡 予定厩舎:牧浦充徳

総額 1980 万円 一口価格 19800 円【全1000 口】 


募集時の動画をみると、大きなトモですね。

マストバイアイテムの19 募集時動画
【YGGオーナーズクラブ】 「高評価」ボタンと「チャンネル登録」をお願いします




5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



テシオ理論で、血統分析をします。
『太陽のサイクル』という自然のリズムから計算によって、遺伝された祖先がわかるという手法になります。
種牡馬の受胎が行われたときの生殖細胞から、活性値がわかります。
活性値の差で、奥の祖先(形)が引っ張り出されます。

ドライスタウトは、母似ですね。

ドライスタウト:2019/3/21
シニスターミニスター
( 2003 )
Old Trieste
( 1995 )
A.P. Indy
( 1989 )
Seattle Slew
( 1974 )
Bold Reasoning
My Charmer
Weekend Surprise
( 1980 )
Secretariat
Lassie Dear
Lovlier Linda
( 1980 )
Vigors
( 1973 )
Grey Dawn
Relifordie
Linda Summers
( 1967 )
Crozier
Queenly Gift
Sweet Minister
( 1997 )
The Prime Minister
( 1987 )
Deputy Minister
( 1979 )
Vice Regent
Mint Copy
Stick to Beauty
( 1973 )
Illustrious
Hail to Beauty
Sweet Blue
( 1985 )
Hurry Up Blue
( 1977 )
Mr. Leader
Blue Baroness
Sugar Gold
( 1980 )
Mr. Prospector
Miss Ironside
マストバイアイテム
( 2007 )
アフリート
( 1984 )
Mr. Prospector
( 1970 )
Raise a Native
( 1961 )
Native Dancer
Raise You
Gold Digger
( 1962 )
Nashua
Sequence
Polite Lady
( 1977 )
Venetian Jester
( 1964 )
Tom Fool
Venice
Friendly Ways
( 1968 )
Green Ticket
Ways to Learn
ビッグマリーン
( 2001 )
フジキセキ
( 1992 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
Wishing Well
ミルレーサー
( 1983 )
Le Fabuleux
Marston’s Mill
ドラゴンマリーン
( 1996 )
リアルシャダイ
( 1979 )
Roberto
Desert Vixen
パーフェクトポイント
( 1982 )
Nijinsky
Charm School

【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父シニスターミニスターの活性値は、”7″

✓ 母系の最大活性値は、”8″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-1″世代目


隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、マストバイアイテム
✓ マストバイアイテム、宮本博厩舎、23戦3勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、なし。参考としてフジキセキの血を遺伝





隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

遺伝は、マストバイアイテムですね!

マストバイアイテム、レース時の天候に恵ませんでしたね。

母は、フジキセキの血を遺伝しています。芝でも好走したかも?




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:ダート
✓ 距離適性:1600~1800
✓ 成長:やや晩成型





競走馬としての重要な基礎体力は?



そのウマが持っているベースの体力を”料”の遺伝といいます。
母系から遺伝される式でチャートに示しました。(最大100%)

標準値は、クリアしてますね!





近親配合による内面的な相の遺伝



外観に現れない精神的な遺伝を”相”の遺伝といいます。
近親配合による弊害をチャートに示しました。(精神的危険:0.5以上)

Mr. Prospectorのインブリード、ギリセーフ。

父母の「両方が0.5P以上」あると危険!





質の遺伝を最高潮にする月のサイクル



そのウマが持っている運動神経、反射神経などを”質”の遺伝といいます。
質を月のサイクルで示しチャートに示しました。(最大100%)

これは、パーフェクト!

月のサイクルは「中島方式」で評価します





“血”の理論のマジック



サラブレットの本能を図るうえで、配合時期が重要です。
父母の配合時期に着目し、血の理論を得点に示しました。(最大100点)

この数値、見直しが必要かも?

「血の理論」の得点
50





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論で本馬の分析を纏めてみます。


テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:マストバイアイテム
✓ 基礎体力:標準値クリア
✓ 血の奇形:ギリセーフ
✓ スピード:◎
✓ 秘密兵器:50点


補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


募集時の写真をチェックすると、筋肉量が豊富で重量感があり、前躯にも後躯にもしっかりと実が入っています。

動画をみると、手脚を大きく踏み出しています。
運動神経の発達を”感じさせる”、歩様をしていました。

血統を補足していきます。

父系種族構成は
A / B / A* / A* = 0.5

(B)の母父のアフリートが、血にアクセントを持たしています。
加えて、(A*)のゼロ活性が、2つあります。

種族構成をみても、母マストバイアイテムが、活躍する産駒を排出している一つの理由といえます。

基礎体力は、標準的です。
しかし、大きな数値ではありません。
適度なレース間隔をあける方が、レースで好走する確率を、ぐーんと引き上げるでしょう。

秘密兵器は、50点。
ただ、面白い血統構成です。同じパターンで、好走馬がでてくれば、この指標を見直します。

元本を回収できる可能性:後出しで、星5つ!!




※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。



/ 一口クラブ募集馬、徹底研究へ / 【YGGオーナーズクラブ】血統研究一覧へ /