牝馬からの遺伝で運動神経を使える、”質”の遺伝力


HOME / サラブレット『血とコンプレックス』徹底研究メニュー /


牝馬からの遺伝で運動神経を使える、”質”の遺伝力











スピード力の”質”



✓ 太陽のサイクルから種牡馬が仔に伝える”形”の遺伝

✓ 競争馬の体力を決める”料”的遺伝数値

牝馬からの遺伝で運動神経を使える、”質”の遺伝力

✓ 闘争本能や知的要素など内面的な”相”の遺伝



一口を申し込んだ愛馬は、絶対にG1を勝利する



そのために、人気の一口クラブに入会する方が多くおられます。



人気クラブのため、新規会員になるのが目的。

そのためには、人気がないウマ、たとえば、貧弱で高額なウマに申し込む。

そのような考えで、申し込んだりしてませんか?



馬体が貧相でも、重賞レースを勝利するウマもいます。



そのためには、馬体にはわからない、新たな見方をする必要があります。



不人気馬で、人気一口クラブの新規会員になり、

その後、2年間、募集馬の抽選をハズし、権利で馬体のよい一口馬主になる。



わたしは、このような考えで、G1馬を探してほしくないです。



人気のある、一口クラブでなくても

不人気の募集馬でも



楽しみながら、愛馬を見つけてもらいたい!と願っています。



この記事では、

✓ 母からの”質”を遺伝

✓ 月のサイクル

について、お話していきます。



“料”の話にも伝えましたが、基礎体力も運動神経も、やはり母が重要です。

繁殖牝馬が絶対的な存在なのです。



人気クラブだけが、質が良いウマを募集しているわけではありません。

この記事を参考に、名馬を探索してみましょう。



ウマはスピード力で能力がわかる


競争馬として必要とされる能力は、次の3つになります。

✓ 運動神経

✓ 反射神経

✓ 俊敏性


運動神経、反射神経、俊敏性などの能力を

便宜上、スピード力ということにします。



このスピード力、トレーニングや調教で補うこともできます。

天性のスピード力があるウマと、そうでないウマとでは、ド根性で練習しても能力の差がうまらないです。



スピード力は、生まれもっているものなのです。



そして、天性のスピード力には、答えがありました。

どのウマも、母から遺伝するのです。



だからこそ、母からどのようにして、天性のスピード力を遺伝するのか、知っておく必要があります。



骨格、体格、筋肉の質感などの見た目で、スピード力は判断ができないのです。

といって、頭がよく見えるクラスメートは、運動神経もよかったことは、一旦忘れましょう。



前後駆にしっかりとした筋肉があり、馬体のバランスがよい

肩が寝ていて、心配機能が充実しているウマを探す。

一般的には、その考えが定着しています。



たとえ、貧相にみえても、血統、遺伝でスピード力があるウマは、たくさんいるのです。



牝馬からの遺伝で運動神経を使える”質”の遺伝力


スピード力の遺伝とは、どのようなことでしょうか?



200年前から現代まで、研究がされ続けれいる課題です。
テシオ氏によれば、繁殖牝馬が排卵する卵子の状態が重要とのことです。



卵子の状態と聞くと、一般的には母体の健康と、精神的ストレスとイメージがあるかと思います。 母体の排卵周期化がわかればよいのです。



繁殖牝馬がよい排卵(優性卵)、よい発情をするサイクルのことを、テシオ理論では月のサイクルと呼んでいます。



月のサイクルは、優性卵を排卵するタイミングで種付けすることが、名馬を誕生させる一番の遺伝なのです。



一方で、テシオ理論の月のサイクル、かなり難しいです。

その見極めるポイントだけ、3つご紹介します。

✓ “本物の”発情と”偽物の”発情を、見極める

✓ 女性期間と中性期間を、見極める

✓ ノーマルパターンと逆パターンを、見極める


これらを見極めれば、月のサイクルが結果をもたらしてくれます。

これが、なんと難しいのでしょうか。



もっと手っ取り早く、優性卵が排卵するタイミングが見極める方法はないのでしょうか!



この答えが、中島理論の月のサイクルです。


その中島理論の月のサイクルに、確認していきましょう。



中島理論の月のサイクルとは何か


中島理論の月のサイクル、最大の利点は、簡単に探せることです。

その月のサイクルは、以下のとおりです。

種付け日が、毎月以下の基準日であること

・1日

・8日

・15日

・22日

・29日

誤差が生じるため、基準日の前1日、後2日を含める



たとえば、15日だと、14、16、17日も含まれることになります。

このライン上で、繁殖牝馬の発情、すなわち”質”の遺伝力は最高潮になると述べています。



「種付け日で優性卵がわかるだ。頭、大丈夫か?」



そう心配される方が、たくさんおられると思います。

中島理論の月のサイクル、2021年春のG1勝利馬で検証してみましょう。

(ジャパン・スタットブック・インタナショナルより)



レース名優勝馬種付け日
フェブラリーSカフェファラオ不明
高松宮記念ダノンスマッシュ3月26日
大阪杯レイパパレ2月10日
桜花賞ソダシ3月15日
皐月賞エフフォーリア3月22日
天皇賞春ワールドプレミア3月1日
NHKマイルCシュネルマイスター不明
ヴィクトリアマイルグランアレグリア2月15日
オークスユーバーレーベン2月26日
日本ダービーシャフリヤール5月12日
安田記念ダノンキングリー4月14日
宝塚記念クロノジェネシス3月26日


オークス馬、ダービー馬、そして、クロノジェネシス。オイオイ!

名馬の誕生を予感する、中島理論の月のサイクルでした。



中島理論の月のサイクル、最大の利点は、簡単に求めれるということでしたよね。

では早速、使ってみましょう。



“質”、名馬はスピード力です


名馬は”質”、スピード力です。



質はヒトもウマも母です。母が絶対的な存在なのです。



今回は”質”でも、簡単に求められる中島理論の月のサイクルを紹介しました。

人気クラブだけが、質の良いウマを募集しているわけではありません。



母、祖母が、未勝利馬にもかかわらず、

仔がダービー馬になったりします。



そこには、母の優性卵の存在が必要です。

そのことを、月のサイクルと呼ばています。



月のサイクルは、本家のテシオ理論での法則もあります。

見極めれるようになれば、レポートしたいと考えています。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


HOME / サラブレット『血とコンプレックス』徹底研究メニュー /