【広尾TC】サンドクイーンの2021を、血統から超簡単に解説します!


HOME / 【広尾TC】募集馬一覧(2021年産) /


【広尾TC】サンドクイーンの2021を、血統から超簡単に解説します!





母の名は“砂の女王”、娘もその座を勝ち取りたい



バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ サンドクイーンの2021の血統分析

✓ テシオ理論を、さらに向上するための研究


についてお話していきます。

ブリックスアンドモルタル産駒の研究ネタになれば幸いです!









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

サンドクイーンの2021

サンドクイーンの2021

 募集額(1口価格):2,800 万円 ( 14,000 円/ 2000口 )


おなかポッコリ、胴が詰まった馬体ですね。


12/03 サンドクイーン’21(父ブリックスアンドモルタル 母父ゴールドアリュール)歩き
※HirooTC 「高評価」ボタンと「チャンネル登録」をお願いします




5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



いよいよ、テシオ理論で血統分析をしてみます。
『太陽のサイクル』という自然のリズムから計算によって、遺伝された祖先がわかるという手法になります。
種牡馬の受胎が行われたときの生殖細胞から、活性値がわかります。
活性値の差で、奥の祖先(形)が引っ張り出されます。

ブリックスアンドモルタル、Giant’s Causewayのゼロ活性だった。

サンドクイーンの2021:2021/2/3
ブリックスアンドモルタル
( 2014 )
Giant’s Causeway
( 1997 )
Storm Cat
( 1983 )
Storm Bird
( 1978 )
Northern Dancer
South Ocean
Terlingua
( 1976 )
Secretariat
Crimson Saint
Mariah’s Storm
( 1991 )
Rahy
( 1985 )
Blushing Groom
Glorious Song
イメンス
( 1979 )
Roberto
Imsodear
Beyond the Waves
( 1997 )
Ocean Crest
( 1991 )
Storm Bird
( 1978 )
Northern Dancer
South Ocean
S.S.Aroma
( 1981 )
Seattle Slew
Rare Bouquet
Excedent
( 1985 )
Exceller
( 1973 )
Vaguely Noble
Too Bald
Broadway Lullaby
( 1970 )
Stage Door Johnny
リットルブレツシング
サンドクイーン
( 2015 )
ゴールドアリュール
( 1999 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
Mountain Flower
ニキーヤ
( 1993 )
Nureyev
( 1977 )
Northern Dancer
Special
Reluctant Guest
( 1986 )
Hostage
Vaguely Royal
フィエラメンテ
( 2008 )
タニノギムレット
( 1999 )
ブライアンズタイム
( 1985 )
Roberto
Kelley’s Day
タニノクリスタル
( 1988 )
クリスタルパレス
タニノシーバード
フェアリードール
( 1991 )
Nureyev
( 1977 )
Northern Dancer
Special
Dream Deal
( 1986 )
Sharpen Up
Likely Exchange

【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父ブリックスアンドモルタルの活性値は、”6″

✓ 母系の最大活性値は、”8″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”-2″世代目


隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、フィエラメンテ
✓ フィエラメンテ、池江泰寿厩舎、6戦0勝
✓ 主な重賞レースの勝利はなし。参考にタニノギムレットを遺伝





隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

優先が米国系ですね?

未勝利馬の血が優先ですか?

遺伝の血と米国系の父との配合で、ダートっぽさがでます。芝っぽいダートですね。




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:芝・ダート兼用
✓ 距離適性:マイル
✓ 成長:標準





太 陽 と 月 の サ イ ク ル 評 価



これまでの”料”、”相”、”質”を纏めてみます。
ここは簡略式で、チャート図に纏めます。(最大5P)

全体的に数値が厳しい~!。






ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:フィエラメンテ
✓ 基礎体力:低い
✓ 血の奇形:インブリード注意
✓ スピード:×
✓ 秘密兵器:Z




募集価格2,800 万円
一口価格14,000 円
性別
厩舎予定松永幹夫

補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


募集時の写真をみると、前躯にしっかりとした筋肉がついており、今後の成長が楽しみです。

歩行動画をみると、リズミカルな動きです。
堅さよりも、しなやさを感じる歩様をしています。


募集価格2,800 万円は、2勝クラスを勝利すれば達成できる金額です。

チャート図をみると、未勝利を勝利するか、上位入選が続くと考えています。
総合的にみて、元本回収ができる可能性は、かなり低いレベルと考えています。

回収確率:星1つ。



(2)ワクワク度(一口馬主の楽しみ)


父ブリックスアンドモルタル産駒に注目です。

産駒が、JRAの芝を走れるスピードがあるのかは、楽しみ充分。
ワクワク度、星3つ。



※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


HOME / 【広尾TC】募集馬一覧(2021年産) /