【インゼルサラブレットC】チカリータの2020の血統分析(簡易版)

HOME / 【インゼルサラブレットC】優先血統一覧(2021年募集) /

チカリータの2020

チカリータ2020

 募集額(1口価格): 1,500万円 ( 30,000円 / 500口 )



No.2 チカリータの20(父:マインドユアビスケッツ)
※インゼルサラブレッドクラブ  「高評価」ボタンと、チャンネル登録のほど宜しくお願いします


血 統 背 景


中島理論で血統分析をしてみます。
(優先血統にマークをしています)

5代血統表
マインドユアビスケッツ Posse Silver Deputy Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Silver Valley Mr. Prospector
Seven Valleys
Raska Rahy Blushing Groom
Glorious Song
Borishka Roberto
Queen Maud
Jazzmane Toccet Awesome Again Deputy Minister
Primal Force
Cozzene’s Angel Cozzene
Charming Pan
Alljazz Stop the Music Hail to Reason
Bebopper
Bounteous Master Derby
Mlle. Quille
チカリータ クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ブルーアヴェニュー Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ
サルスエラ マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
ハルーワソング Nureyev Northern Dancer
Special
Morn of Song Blushing Groom
Glorious Song

総評

(1)基礎体力

文句なし!

(2)インブリード濃度(危険度)

Deputy Minister、Rahy(Morn of Song)のクロスあり、ともに優勢期産駒。とくにDeputy Ministerは父がdouble、超危険。

(3)芝適性

優先のマインドユアビスケッツはダート適性、母の優先はクロフネ、芝・ダート兼用、ダート適性が高い。

(4)距離適性(長距離向き)

1400m前後

(5)配合イベント
初仔
ドルメロ師匠の指標を活用すると、月のサイクルは「表」、ただ偶数年はネック。
1日種付け

(6)所管
動画をみると、前躯も後躯もしっかり発達しており、力強さが溢れている。 馬体全体のシルエットは問題ない、ただ、後ろ脚の歩幅が小さく感じる。気のせいかな?

血統をみると、ヴァイスリー系のマインドユアビスケッツが優先。母の優先を加えると、ダートの短距離が有力。
基礎体力は文句なし。
母と同様、30戦を走れるだけの体力が継承される血統配合だ。
そして初仔。サイズ感が気になるところだが、問題ないレベル。初仔のいいところがでてこないか、期待度は高い。

残念なのがインブリード。かなり濃い。
インブリードの最大の欠点、精神的な欠陥(精神異常)が気になるところ。動画をみた感想は。。。。そこは、個人の判断に委ねる。

募集価格からみると、未勝利戦、1勝馬クラスを突破すればプラスになる、コスト感。
デメリットは多い、しかし、メリットはかなり多い。コスパがよいのが特徴。



※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


HOME / 【インゼルサラブレットC】優先血統一覧(2021年募集) /