【DMMバヌーシー】インサラーを、血統から超簡単に解説します!


HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2021年募集馬編) /


【DMMバヌーシー】インサラーを、血統から超簡単に解説します!




由緒正しきメジロ血統のニューフェイス



バヌーシー研究は、

血統から募集馬の適正をさぐり、

一口クラブの会員が、確認しやすい仕組みを目指しています。



この記事では、

✓ インサラーの血統分析

✓ テシオ理論を、さらに向上するための研究



についてお話していきます。

キンシャサノキセキ産駒の研究ネタになれば幸いです!









ク ラ ブ 馬 情 報



一口クラブは、クラブによって募集形態がさまざまです。
本馬の名前と募集金額は以下のとおりです。

インサラー

ゴールウェイの2020

 募集額(1口価格):2,300 万円 ( 11,500 円 / 2000口 )


「キンシャサノキセキ産駒、勝ち上がり率は非常に高いが、その後が…」





【歩様動画】_ ゴールウェイ2020_2021年07月14日撮影
DMMバヌーシー公式チャンネル「いいね」ボタンと「チャンネル登録」をお願いします




5 代 血 統 表 と 遺 伝 の 計 算



いよいよ、テシオ理論で血統分析をしてみます。
『太陽のサイクル』という自然のリズムから計算によって、遺伝された祖先がわかるという手法になります。
種牡馬の受胎が行われたときの生殖細胞から、活性値がわかります。
活性値の差で、奥の祖先(形)が引っ張り出されます。

昭和、平成のメジロ血ですね。

インサラー:2020/3/6
キンシャサノキセキ
( 2003 )
フジキセキ
( 1992 )
サンデーサイレンス
( 1986 )
Halo
( 1969 )
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
( 1975 )
Understanding
Mountain Flower
ミルレーサー
( 1983 )
Le Fabuleux
( 1961 )
Wild Risk
Anguar
Marston’s Mill
( 1975 )
In Reality
Millicent
ケルトシャーン
( 1994 )
Pleasant Colony
( 1978 )
His Majesty
( 1968 )
Ribot
Flower Bowl
Sun Colony
( 1968 )
Sunrise Flight
Colonia
Featherhill
( 1978 )
Lyphard
( 1969 )
Northern Dancer
Goofed
Lady Berry
( 1970 )
Violon d’Ingres
Moss Rose
ゴールウェイ
( 2009 )
フサイチコンコルド
( 1993 )
Caerleon
( 1980 )
Nijinsky
( 1967 )
Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer
( 1969 )
Round Table
Regal Gleam
バレークイーン
( 1988 )
Sadler’s Wells
( 1981 )
Northern Dancer
Fairy Bridge
Sun Princess
( 1980 )
イングリッシュプリンス
Sunny Valley
メジロシルエット
( 2000 )
メジロライアン
( 1987 )
アンバーシャダイ
( 1977 )
ノーザンテースト
クリアアンバー
メジロチェイサー
( 1977 )
メジロサンマン
シエリル
メジロアンジュ
( 1991 )
リアルシャダイ
( 1979 )
Roberto
Desert Vixen
メジロエマ
( 1982 )
モガミ
アマゾンウォリアー

【被遺伝世代深度の計算】

✓ 父キンシャサノキセキの活性値は、”8″

✓ 母系の最大活性値は、”7″

✓ その差である被遺伝世代深度は、”1″世代目


隔世遺伝 ✓ 遺伝(形)は、キンシャサノキセキ
✓ キンシャサノキセキ、堀宣行厩舎、31戦12勝
✓ 主な重賞レースの勝利は、高松宮記念連覇など





隔 世 遺 伝 か ら の 予 想 分 析



テシオ理論の(形)とは、被遺伝世代深度によって、望みの先祖の”形”と”相”を自在にひっぱりだす理論です。
間接的な隔世遺伝の、対象先祖を確認します。

キンシャサですね?

はい。そうです。

なによりも母系がすごい。マックス活性の連続です。メジロ牧場の頭脳、武田茂男氏の血の結晶ですね。




適性予想(まとめ) ✓ コース適正:芝・ダート兼用
✓ 距離適性:マイル
✓ 成長:やや晩成型





競走馬としての重要な基礎体力は?



そのウマが持っているベースの体力を”料”の遺伝といいます。
母系から遺伝される式でチャートに示しました。(最大100%)

基礎体力が高いですね。





近親配合による内面的な相の遺伝



外観に現れない精神的な遺伝を”相”の遺伝といいます。
近親配合による弊害をチャートに示しました。(精神的危険:0.5以上)

Northern Dancerインブリードが、濃すぎですね。

父母の「両方が0.5P以上」あると危険!





質の遺伝を最高潮にする月のサイクル



そのウマが持っている運動神経、反射神経などを”質”の遺伝といいます。
質を月のサイクルで示しチャートに示しました。(最大100%)

月のサイクルは▲ですね。

月のサイクルでも「中島方式」とします





ポ イ ン ト ま と め



テシオ理論で本馬の分析を纏めてみます。

テシオ理論のまとめ ✓ 遺伝の形:キンシャサノキセキ
✓ 基礎体力:連投可能な体力あり
✓ 血の奇形:インブリード危険
✓ スピード:▲




募集価格2,300 万円
一口価格11,500 円
性別
厩舎予定今野貞一 

補足コメント

(1)元本回収リスク(回収できる可能性)


募集時の写真をみると、胴が長い、重心の低いシルエット。
背と腹のラインは平行に近く、持続力の勝負に強い体型になりそうです。

歩行動画をみると、固さがあり、パワーを感じます。
特に前脚の踏みだし、力をみせつける歩様です。

血統について、補足します。
欧州色が強い母系のため、スピード力が不足しています。
ダートを使われていたのも納得です。
ただ、芝の中長距離を活躍をした血統が並んでいます。
キンサシャとの配合で、スピード力をつけてほしいところです。

インブリードはきついものの、基礎体力は文句なし。
最大のウリでしょう。

募集価格2,300万円は、2勝馬クラスをクリアしておきたい価格です。

テシオ理論の表をみると、突出している項目があります。
総合的にみると、元本が回収できる可能性は、高いと考えています。


(7)ワクワク度(一口馬主の楽しみ)


ラヴズオンリーユーのような、G1レースの勝利。
この大舞台での夢は、少し遠いものの、ノーザンFしがらきでの育成は、魅了充分です。

基礎体力が高いため、レースでの出走回数が多く、かつ掲示板の確保も楽しみがあります。

元本回収率も可能性が高く、一口馬主の初心者には、オススメしたい一頭です。



※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2021年募集馬編) /