【DMMバヌーシー】タニノハイクレアの2020の好走パターンを、簡単に考えてみましょう!

HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2021年募集馬編) /



【DMMバヌーシー】タニノハイクレアの2020の好走パターンを、簡単に考えてみましょう!




父ゴールドシップ。岡田スタッド。なぜノルマンディーで募集されなかったのだろうか…。


某外資系生命保険会社、IT部門のサラリーマンー、オジリンスキーです。

2021年の1口募集馬を、簡単に評価いたします。

DMMバヌーシー募集馬シリース。

今回は、タニノハイクレアの2020の好走パターンについて研究します。



「個性派ゴールドシップの仔がバヌーシーに登場です」



タニノハイクレアの2020。血統面から好走パターンをまとめてました。お目通しのほどお願いします。

それでは、さっそく始めましょう。



POINT ✓ 血統理論では、母系のフレンチデピュティの血を遺伝
✓ 父ゴールドシップから、スタミナ力と持久力を強化
✓ 芝2000mからスタート
✓ デメリットは気性。前向きさに出れば一流






ク ラ ブ 馬 情 報


タニノハイクレアの2020

タニノハイクレア2020

 募集額(1口価格):3,900万円 ( 19,500円 / 2000口 )

ゴールドシップの牡馬が電撃加入 次世代の白い怪物から目が離せない






【歩様動画】_ タニノハイクレア2020_2021年07月16日撮影
DMMバヌーシー公式チャンネル「いいね」ボタンと「チャンネル登録」をお願いします


血 統 背 景


中島理論で血統分析をしてみます。
(優先血統にマークをしています)

5代血統表
ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ポイントフラッグ メジロマックイーン メジロティターン メジロアサマ
シエリル
メジロオーロラ リマンド
メジロアイリス
パストラリズム プルラリズム The Minstrel
Cambretta
トクノエイティー トライバルチーフ
アイアンルビー
タニノハイクレア クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ブルーアヴェニュー Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ
インヴァイト Be My Guest Northern Dancer Nearctic
Natalma
What a Treat Tudor Minstrel
Rare Treat
Burghclere Busted Crepello
Sans le Sou
Highclere Queen’s Hussar
Highlight

ゴールドシップ産駒、電撃加入ですね!

本馬は母父父フレンチデピュティの血を遺伝しています。

フレンチデピュティは、ダートにも強い血統です。最悪、ダートでも期待できるでしょう。



Pick UP ✓ 血統理論では、フレンチデピュティの血を遺伝
✓ フレンチデピュティ、米国産、6戦4勝
✓ 主な重賞勝ちは、ジェロームハンデキャップ
✓ 4馬身差退けて4連勝をマークするなど、米国ダート6.0Fに実績あり



亀 谷 師 匠 風? 血 統 ビ ー ム


血統構成から好走する血統ビームは以下の通りです

父父のステイゴールド系に、多いビームですね!

ヴァイスリー系にステイゴールドは、2000m以上で好走してました。

ゴールドシップに代わっても、適正は2000m以上でしょう。しかし、気性面から少し短い距離がよいと考えています。


Pick UP ✓ 優先のフレンチデピュティに、ゴールドシップとの組み合わせ
✓ 芝2000mに適したビーム
✓ ゴールドシップにスピードを補う、岡田スタッドのノウハウが集結




勝 利 へ の ポ イ ン ト


芝2000mから距離延長を

(1)基礎体力

基礎体力は、100点満点中65.6点と、問題ない数値。
デビューまでの大切な調教課程で、どんどん鍛えれるレベルの体力あり。

(2)インブリード濃度(危険度)

5代目まで完全アウトブリード

(3)芝適性

優先(フレンチデピュティ)はダート、父ゴールドシップは芝。芝で好走。

(4)距離適性(長距離向き)

2000m

(5)配合イベント

ドルメロ師匠を理論をパクると、月のサイクルは「〇」。
空胎後産駒。

(6)元本回収リスク(回収できる可能性)


募集時の写真をみると、胴周りに伸びを感じさせる。
腹周りはふっくらと見せていて、手肢は長さがある。しかし、前後躯が緩い。
馬体が小さいので、成長力に期待したい。

歩行動画をみると、手足がスムーズで、テンポよく歩様している。運動神経は悪くみえない。

血統では、優先がフレンチデピュティ。
父との組み合わせで、芝の2000mで好走する血統だ。

インブリードの弊害はなし、基礎体力も文句なし。
頭脳明晰な血統構成。
現状の育成調教をみても、賢さが伝わってくる。

募集価格3,900万円は、3勝クラスを突破しないと難しい価格だ。

以上の結果を踏まえると、現在の評価だと、回収できないリスクは高い。


(7)ワクワク度(一口馬主の楽しみ)


セレクトセール出身のゴールドシップ産駒は珍しい。
ゴールドシップファンなら、是非、一口の購入をオススメする。

ゴールドシップの成長力、楽しみのある期待度、ワクワク度は高いハズ。


デ ビ ル 馬 子 の 一 言


各クラブから、いいウマを預託している厩舎。もっと重賞レースで活躍してもいいハズだが。


性別
毛色芦毛
生年月日2020年1月22日
厩舎奥村豊 (栗東)
生産牧場岡田スタッド



いかがでしょうか?

「タニノハイクレアの2020の好走パターンを、簡単に考えてみましょう!」について纏めてみました。

結論でいくと

  • 芝2000mからスタート
  • 頭脳明晰
  • アウトブリードの注目血統です。あとは厩舎力。厩舎一丸となって育成に取り込むことで、スーパーホースが見込めます。

    本日は訪問いただきありがとうございました。お時間のあるときは、ぜひお越しください。





    ※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
    ※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
    ※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


    HOME / 【DMMバヌーシー】優先血統一覧(2021年募集馬編) /