【シルクホースクラブ】2020年募集馬を振り返る、エピファニーの血統分析を簡単に説明します!

HOME / 【シルクホースクラブ】おすすめ6選(2019年産) /



エピファニー好走パターンを、イチから簡単に説明します!




シルク2020年募集、初日にエピファニーに申込み。そしたら中間で1番人気。No戦略…。


某外資系生命保険会社、IT部門のサラリーマンー、オジリンスキーです。


シルク・ホースクラブ2019年度産、募集馬シリース。
今回は、エピファニーの好走パターンについて研究します。


「シルクの2020年募集の中では、絶対に推奨したい1頭!」


そこで、エピファニーについて血統面でまとめてました。ご笑覧ください。
それでは、さっそく始めましょう。


POINT ✓ 血統理論では、シーザリオの遺伝が強く、シーザリオはSadler’s Wellsが強い
✓ 母は仏のマイル王Gold Awayの血が強く、スピードをプラス
✓ 芝2000m以上で生きる血統
✓ タフな馬場になるとド根性が発揮






ク ラ ブ 馬 情 報


エピファニー

(ルールブリタニアの2019)

 募集額(1口価格):3,500万円 ( 70,000円 / 500口 )

黒光りする恵まれた馬格とそれを覆う豊富な筋肉量は、まさにシーザリオの血



イギリス 愛国歌「ルール・ブリタニア(Rule, Britannia!)」 画像が使えないため


血 統 背 景



5代血統表
エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
Tee Kay Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly
シーザリオ スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
キロフプリミエール Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia
ルールブリタニア ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ミュージカルウェイ Gold Away Goldneyev Nureyev
Gold River
Blushing Away Blushing Groom
スイートリベンジ
Mulika Procida Mr. Prospector
With Distinction
Gazelia Icecapade
Dols Jaminque

シルクの2020年募集を振り返りますか?

中間までじっくり投票をみるべきでした。本当にバカでした。

本馬はシーザリオを遺伝していると考えています。そのため、動きのしなやかさはシーザリオを彷彿させます。


日本のグレートマザー、シーザリオですか!

産駒が大活躍しています。シーザリオは名牝と言えます。

そのシーザリオ、Sadler’s Wellsの血が強いです。ぜひ本馬が凱旋門賞に出走してほしいと願っています。



亀 谷 師 匠 風? 血 統 ビ ー ム



亀谷氏のパクりビームではGoの持続力が強いですね?

Sadler’s Wellsが主なので仕方がないです。

ノーザンFはそのシーザリオの血に、スピードを加えることでバランスを補っています。

父母の個性から、中長距離に強い血統でしょう。

どうしても瞬発力が低いです。前前の競馬で、直線では早々に先頭にたち、押し切るタイプといえます。



勝 利 へ の ポ イ ン ト



芝2000mはベストだが、2500mなら文句なし

本馬は、父の母であるシーザリオの血が強いです。
シーザリオ、5戦4勝。海外:1戦1勝。桜花賞(G1)はラインクラフトの2着に敗れるも、続くオークスでは1着で勝利。その後、アメリカンオークスに出走、ここでも優勝した名馬です。 シーザリオは繁殖に入ってからも活躍がすごく、エピファネイアやサートゥルナーリアと言ったG1級の仔を誕生させました。
そのシーザリオは、Sadler’s Wellsの血が強いです。
Sadler’s Wells、11戦6勝。愛2000ギニーやエクリプスSなどに勝利しています。なによりも、種牡馬になり数々の名馬を単勝させてきました。 代表産駒は、オペラハウス(GB)、Galileo(IRE)、カーネギー(IRE)など。欧州で走るにはSadler’s Wellsの血が必要という種牡馬になりました。
この血統に、仏のマイル王Gold Awayの血が強い母を配合することで、スピードを保管されております。
基礎体力は、100点満点中56.2点と平均です。
血統面から推奨する好走パターンは、芝2000mです。持続力を武器に先行、押し切りのタイプです。 この血だと、日本の芝なら芝2500mまでなら問題ありません。
最大のセールスポイントは、タフな馬場で生きる血統です。 少しでも馬場が渋れば激走します。父母の欧州系から凱旋門賞にチャレンジしてほしいです。期待してみたいです。


デ ビ ル 馬 子 の 一 言


キャンセルがでたって?それなら、わたしに当選させてーや。激おこプンプン丸!


性別
毛色青鹿毛
生年月日2019年1月30日
厩舎宮田敬介 (美浦)
生産牧場ノーザンファーム

ま と め




いかがでしょうか?
「エピファニーの好走パターンを、簡単に考えてみましょう!」について纏めてみました。

結論でいくと、
・芝2000mがベスト、日本の芝なら2500mまで文句なし。
・タフな馬場でこそ生きる。凱旋門賞に期待したい。

スピード・瞬発力勝負だと苦手な血統ですが、馬場が重くなれば大活躍が期待できそうです。宝塚記念にはもってこいでしょう。
本日は訪問いただきありがとうございました。お時間のあるときは、ぜひお越しください。




※あくまでも、個人的な予想です。誹謗中傷・無断転載を禁じます。
※生産者をはじめ、関係者への問い合わせは絶対にしないでください。
※馬券および、POGの選択馬は自己責任でお願いします。


HOME / 【シルクホースクラブ】おすすめ6選(2019年産) /